自動車保険の、車両保険って何?

自動車保険と一言に言っても、自動車保険の中には様々な補償内容の保険が細かくあります。

対人補償・対物補償などは自動車保険の核とも言える部分ですが、その他にも自動車保険には色々な補償があります。

中でも掛けておいて損はないのが、自動車保険の車両保険ではないでしょうか。


自動車保険の車両保険とは、車自体に掛ける保険です。

対人が人間、対物が物を対象としているのと同じように、自動車保険の車両保険は、自分の愛車自体を対象とした保険というわけです。


例えば、自分の車が事故で損害を受けた場合に、自動車保険の車両保険に入っていれば修理代が出ます。

車が全損になった場合でも、自動車保険の車両保険に入っていれば安心ですよね。
ちなみに、自動車保険の車両保険の保険料ですが、これは対象となる車の時価によって決められます。

年式や車種などを元に、保険会社が時価を決めます。

よって、保険会社が時価50万円と決めた車に対して、車両保険を300万円かけるというのは基本的にはできません。


自動車保険は、対人・対物補償がしっかりしてれば基本的には大丈夫と思われるかもしれません。

しかし、自分の愛車のためにも、自動車保険の車両保険にも加入しておくことをオススメします。

自動車保険の車両保険、入っていて損はないと思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。